たるみ毛穴をなくす方法

たるみ毛穴をなくす方法は?

 

たるみ毛穴ができてくると、毛穴がより大きく見えるようになって目立ってくるので、たるみ毛穴のなくす方法がないかなって思いますよね。

 

たるみ毛穴ができる理由は、

 

毛穴が開いてくる

肌がたるんでくる

 

この2つが合わさって起きるので、たるみ毛穴ができてしまいます。

 

 

たるみ毛穴をなくす方法は、この2つの原因になっている毛穴の開きをなくして、肌のたるみをなくすことが必要になりますが、ここでは特に毛穴の開きをなくす方法について紹介していきます。

 

毛穴の開きはどうして起きる?

 

毛穴の開きは、肌のたるみも原因としてありますが、そもそも毛穴が詰まってしまうことに根本的な原因があります。

 

皮脂と汚れが混ざることでできる角質が、毛穴をふさいでしまうことで毛穴の詰まりは起きます。毛穴が詰まると、そこが黒ずみやニキビにもなり、更に詰まりを起こしやすくなってきます。

 

その詰まり(角栓)が原因になり、毛穴が開くようになってしまいます。

 

 

毛穴の詰まりと開きは関係ないように思いますが、詰まることで毛穴が開く、そして毛穴が開くことで更にそこが詰まりやすくなる、という悪循環を起こしてしまうのです。

 

 

そのような毛穴の開きと詰まりの悪循環を起こさないためには、まず毛穴が詰まらないようにすることがとても大事になってきます。

 

毛穴の詰まりをなくすには?

 

では毛穴の詰まりをなくすにはどうしたらいいのかというと、毛穴から分泌される皮脂を抑えることが根本的な対策としてとても大切になってきます。

 

 

表皮の皮脂を一時的にクレンジングやピーリングで取り除いたとしても、皮脂の分泌自体を抑えているわけではないので、何度も繰り返さなくてはいけないですし、それによって肌にダメージを逆に与えてしまうことにもなりかねません。

 

表皮の皮脂を取り除くのではなく、皮脂腺という皮脂を分泌するところに直接働きかけて、皮脂の過剰分泌を抑えることが対策として大事なのです。

 

皮脂腺からの皮脂の過剰分泌を抑える

毛穴の詰まりの原因になる角質ができにくくなる

角質がたまることでできる角栓ができにくくなる

角栓ができにくくなることで毛穴の詰まりがなくなる

毛穴の詰まりがなくなることで開きも防止できる

 

 

こんな感じで、たるみ毛穴をなくすことには直接は関係ないように思うかもしれませんが、根本原因まで考えてみると、皮脂腺からの皮脂の過剰分泌を抑えるということがとても大事だということが分かると思います。

 

皮脂腺からの皮脂の過剰分泌を抑えるには

 

皮脂を抑えるっていわれている化粧品はありますが、ドラッグストアなどで売られている一般的な化粧品は、表面的に皮脂を減らすだけで、皮脂腺からの分泌を抑える化粧品ではありません。

 

でも、2018年になってライスパワーNo.6という成分に、新たに皮脂腺の分泌を抑制する効果があるというのが分かってきたんです。

 

ライスパワーは既に毛穴ケア化粧品やエイジングケアとしても良く知られた成分ですが、そのライスパワーのNo.6という成分が皮脂の過剰分泌抑制に効果があるということが分かったんです。

 

ちなみに従来のライスパワーはNo.11という成分なので少し違う成分なんですね。

 

 

まだ、ライスパワーNo.6が使われている化粧品はほとんどなく、今のところライース クリアセラムNo.6という化粧品だけです。

 

毛穴からの皮脂の過剰分泌が気になる方は、お試しもあるようなのでこちらで確認してみてください。

 

 

ライース クリアセラムNo.6の公式サイトはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓